食育

食育の目標

  • 体を育む 正しい知識と正しい食事によって、健全な味覚を形成すること。
  • 心を育む 感謝の祈りと楽しい会話を通じて、豊かな心を育むこと。

スクールの昼食

●有機野菜を使った和食(週3)
●有機野菜を使ったサンドイッチ(週2)

一般の宅配給食業者ではなく、近隣の食を重視したお店に特別に作ってもらっています。
和食の場合は、おかずが2-3品、汁物、ご飯を提供しています。
※化学調味料は使っていません。

スクールのおやつ

●旬の果物、ドライフルーツ、干し芋、昆布、おかき、小魚、牛乳
●化学調味料、砂糖、塩が添加されていないもの

幼児に提供するおやつは、1日三食の「補食」として認識しており、
それに値するものを厳選しています。
※チョコレート、ラムネ、飴、クッキー、スナック菓子などは出しません。

体を育む

何を食べたかで、味覚が形成される

あなたのお子様は朝食、昼食、おやつ、夕食は、どんなものを口にしていますか?いま通っていらっしゃる園で何を食べているか、あなたはご存知ですか?

その食べたもの、飲んだもので、体が作られるのは当然ですが、味覚という感覚が形成されています。口に入れた食べものや飲みものは、まず舌に触れます。舌と脳は神経で繋がっていて、基本5味(甘味、旨味、塩味、苦味、酸味)を脳で認識する訓練が、毎食、繰り返されているのです。このようにして幼児期に「味覚」が形成されていきます。そして、何を食べて美味しいと感じるか、何をどれだけたべて満足感を得られるか、その食べ方が、どんどん固まっていきます。その味覚で、成人してから一生の間、自分で食べるものを自分で管理することになるのです。

ですから、この「味覚」形成の責任は、食べ物、飲み物を与える我々保育者の責任です。良質な食材を食べて、美味しいと感じる「味覚」を形成することは食育です。

舌と脳をつなげる神経

「味覚」は、舌と脳をつなげる神経システムです。神経システムの80%が幼児期に出来上がってしまいます。我々大人のあらゆる神経の80%は幼児期に出来上がっていて、それを基に、小学校以降の日常活動によって神経が更に研ぎ澄まされたり、使わない神経は劣化してきたのです。だから、味覚を形成するのは、幼児期なのです。

食育の基礎知識

栄養バランスの基礎知識を土台にして、献立を決めることで、食育が行えます。闇雲に、色合いがいいからとか、バランスよさそうだから、という直感だけに頼ったものでは、食育は行えません。

栄養バランスの基礎知識は、栄養士だけの専門知識ではありません。それは、食育の基礎知識です。

「五大栄養素」と「基礎食品群」です。

「五大栄養素」とは、炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン類、ミネラルです。そしてこれらは、いろんな食材にばらばらに入っています。だから、これだけ知っていても、実際にスーパーでお買い物に行っても、五大栄養素をバランス良く摂取する献立を考える事はできません。

「五大栄養素」をバランス良く摂取するために、献立を考えるために役立つのが、「基礎食品群」です。これは、栄養成分が類似した食品でグループ分けしたものです。6つの「基礎食品群」の知識を用いることで、食育を行えます。栄養バランスが良くて、かつ、美味しいお食事とおやつが提供できるのです。

心を育む

今日はくに先生のごはんなの?

味覚形成をするために、栄養バランスを考えた昼食を、一人で無言で食べてもいいのでしょうか?決してそんなことはありません。会話は、食事を楽しむために、非常に大事なことです。

また、お料理をしてくださった方への感謝のきもちを育むことは、非常に大事です。ですからランチタイムに入ると、こどもたちの会話はこのように始まります。「今日は大島さんのサンドイッチ?」「今日はくに先生のごはん?」

大島さんとは、週2回有機野菜を使ったサンドイッチを作ってくださっている、カールトンティーハウスのオーナーの名前、くに先生とは、有機野菜のお店と食堂を運営していて、旬の有機野菜を使った昼食を作ってくださる方のあだ名です。くに先生は絵本を読んだりして、こどもたちと日本語で遊び時間にも時々顔を出してくださり、こどもたちが大好きな方なのです。

だから、毎日、そのような会話から始まります。感謝しなさい、ではなく、このような会話から、自然と、大島さんが作ってくれたんだ、くに先生が作ってくれたんだ、雨の日に届けてくれたんだ、ありがとう、という思いがこどもたちの心で自然と芽生えるのです。それが食育です。

感謝の祈りから始まる

日本語では、「いただきます」と手を合わせて、農家の人、料理をしてくださった人、など、食卓に出されるまでに関わった人に感謝する気持ちを表現しています。スクールでは、Thank you God for the lunch と神様に感謝の気持ちを捧げます。大島さんやくに先生には直接伝えるだけでなく、雨が降り、ミミズやだんご虫によって土壌が豊かになり、植物や動物が育ってこそ、私たちが食べることができるからです。そしてそれは神様からの恵みです。食事をいただくことへの感謝の祈りを幼児期から毎日繰り返し、体験することで、その子の心が豊かになります。食育とは、感謝する気持ちを通じて心を育むことです。

楽しい会話を導く

「これ、いい匂いがする!」 「ほんとう!これはブロッコリーかな?」

「これは何の野菜かな?」 「これはインゲン豆だね!」

「これ昨日夕食でママが出してくれた!」 「わたしも食べたよ!」

食事を通じた会話を楽しむことを、とても大切にしています。楽しい会話は、その子の豊かな人間性を育むからです。そのような会話に導いてあげるように、保育スタッフは気を配っています。ですから、保育スタッフも同じものを必ずいただきます。会話はこどもたちだけにさせると、「これ嫌い」とか「これはなんが気持ち悪い」など、なんでも子供たちは言ってしまいます。意図せず、ほかのお友達が食べようとする気持ちを無くしてしまいます。それは、幼児期のこどもは、お友達の言ったことに影響を非常に受けやすいためです。好き嫌いのある子は、そのような発言が多く、食べ物に対する感謝の心が未熟なだけでなく、ほかの子に好き嫌いを起こすきっかけを与えてしまうこともあります。ですから保育スタッフがおなじ食卓で同じものを食べて、楽しい会話、感謝の思いにつながるような会話に導くように、気を配ることをとても大切にしています。「●●ちゃん、いま一口でたべちゃったね!大好きなお野菜なのかな?それとももっと好きなものあるのかな?」と聞いたりすることで、それをきっかけにこどもたちはどんどん自分が好きなお野菜や、自分ががんばって食べられるお野菜を教えてくれます。食育とは、楽しい会話を通じで心を育むことです。

お行儀よく食べて、お行儀良い会話を、食事中にすることは、表面的なことです。

体を育む食育と、心を育む食育がしっかりした上で、食事のマナーの指導、食事のしつけが子供たちの中に本当に根付いていくのです。

外遊びキリスト教精神保護者の声