YukaPicaのMusic&Art教育

YukaPicaが目指すMusic&Art教育は、人とのコミュニケーションツールとして音楽やアートを身に付けることです。

楽器を演奏したり、音楽を聴くことだけが音楽教育ではありません。

絵を見たり、絵を描くことだけがアート教育ではありません。

双方向の教育

演奏者のメッセージを受け取り、自分なりに解釈して、共感したり、違和感を覚えることも、楽しみ方の一つです。

また、楽器が上手だから人前で演奏するだけではありません。

聴衆一人一人に思いを向け、楽器を使って思いを送ることで、言葉にはならない思いを表現することも、楽しみ方の一つです。

聴衆はそれに共感したり、違和感を覚えたりします。

それは人とのコミュニケ―ションそのものです。

人間関係は、複雑です。いつも共感できる相手などいません。共感したり、できなかったりします。

言語を使って交流したり、音楽を使って交流したり、絵を使って交流したり、交流の方法は様々です。

だから、日本語、英語などの「言語」の枠を超えて、もっと自由に幅広く、深く、人と交流することができる感覚、五感を身に付けてほしいとYukaPicaは願っています。

そしてその感覚を育むことができるのは、五感が著しく発達する幼児期です。

この時期に、一方的な音楽教育や一方的なアート教育ではなく、双方向の教育を行っています。

それにより、小学校以降に受ける様々な音楽アートの教育機会を、最大限生かすことができ、最終的には、人とのコミュニケーションツールとしてしっかり身に付き、それによって自分が幸せになり、自分以外の人を幸せにできる人になると信じています。

どうやって?

このような教育を、YukaPicaはどうやって実現しているのか?

3つのポイントで次に説明します。

プロフェッショナルの先生

YukaPicaの音楽アート関係の先生は、皆、プロフェッショナルの集団です。

英語を話すことは共通していますが、それともう一つ、先生一人一人、専門分野を持っています。つまり、プロフェッショナルです。

教育機関で音楽アートの訓練を受けたことはもちろん、音楽アートを心から愛し、自分の音楽アートを持っていて、他人の音楽を聴いたりアートを目にして、繊細かつ大胆に受け取ることができる感覚に優れています。

歌う、踊る、楽器を演奏する、聴き込む、じっくり観察する、描く、など、いろんな音楽アートの楽しみ方があります。

幼児期に最適な歌や踊りや手遊び、図画工作を熟知したプロフェッショナル、歌や楽器の訓練を重ねてきたプロフェッショナル、ジャンルを超えた曲を熟知しているプロフェッショナル。

そのようなプロフェッショナルたちと、英語という言語を使って、音楽アートを一緒に楽しんで体験できる。それがYukaPicaの魅力です。

YukaPicaの先生について
音楽とダンス

YukaPicaのプリスクールやアフタースクールでは、様々な場面で様々な音楽が流れます。

その場に最適なBGMだったり、お片付けのためのclean up songだったり、その月のテーマソングで手話と合わせて歌ったり。

そしてその中でも、特に大事にしているのが、体で表現することです。

音楽を聴くと、じーっと耳を傾けたいお子様もいらっしゃいますが、体が動いてしまうお子様の方が断然多いです。

自然と手が動いたり、歌ったり、ぴょこぴょこ飛び跳ねたりします。

周囲の目を気にしないからです。だから自由に五感で体感できます。

それを熟知した先生が、ダンスに導きます。

集団生活の中で一緒にダンスをすることは、社会性を楽しく身に付ける方法の一つです。

みんなと違うことをしたいときもあれば、一緒になにかをすることで一体感を体感し、それを喜ぶことができる感覚が身に付きます。

どちらも大切です。

手遊びや、全身を使ったダンスを体験する機会が実に多い。それがYukaPicaの魅力です。

音楽とアート

YukaPicaでは、音楽とアートの関係をとても大事に考えています。

音楽を聴きながら、お絵かきをする。色塗りをする。

静けさも音楽の一つ。だから静けさの中でも同じような機会をバランスよく設けています。

自分一人の枠を超えて、周囲の人とコミュニケーションを図ることが、音楽アートです。

そして音楽は生きています。アートも生きています。

つまり、演奏する人、描く人は、それぞれ、その瞬間瞬間を生きていて、いつ演奏するか、いつ描くかによって、同じ人でもそれは変わっていきます。それが生きている証拠でもあります。

だから、CDやyoutubeで流れる音楽ばかりではなく、今、目の前にいる先生が今演奏する音楽を聴いて、自分が今描く機会はとても大切なのです。

それほどの影響力をもつわけですから、先生は責任重大です。

豊かな音楽アートの感性をもって、しっかりとした技術をもった先生の生演奏で音楽アートを体験できることが、YukaPicaの魅力です。

 

 

プリスクールについて料金や入園の流れについて無料体験の申し込みについて